18 ボリビア旅にかかったお金

ボリビア旅の費用集計などです。

大きな地図で見る
↑ボリビアの地図

南米大陸の真ん中にある、けっこうでかい国です。(日本の3倍の面積)
南米最貧国にして、治安の心配もあるボリビア。
でも見どころもたくさんあるボリビア。


◆渡航準備のお金:3,570円(ペルーと共用)
・ガイドブック1冊...2,100円←地球の歩き方 ペルー(ボリビア) 2010~2011
・会話集1冊......1,470円←旅の指さし会話帳〈12〉スペイン


◆国際移動のお金:合計3,608円
・プーノ(ペルー)⇒ラパス........1,600円←バス
・プーノバスターミナル使用料........32円
・ラパス⇒クスコ(ペルー)........1,950円←バス
・ラパスバスターミナル使用料........26円


◆ボリビアで使ったお金:合計14,960円
・食費............1,684円
・宿泊費...........1,820円
・交通費...........4,953円
・入場料............520円
・エンターテイメント.......0円
・ツアー代..........5,784円
・その他.............199円←ネット代、チップ、洗濯代など
(*)お土産代は計上していません。


1ボリビアーノ = 13円で計算しました。
2/4~2/10の7日間、ボリビア観光しました。
観光した場所は、ラパスとその近郊、ウユニ塩湖です。


安いっ!

最近旅した中だと、かなり安い部類ですね。
食事付きツアーに参加したり、ゴチになったりしましたが、それにしても食費1684円って、、、
ビンのコーラが13円、軽食が50円、ちょっといい物を食べても200円。なるほどね。

P1310712
↑国境付近の様子

この混沌とした雰囲気が、なんとも良いですねぇ。
このあたりから、南米旅もかなり盛り上がってきました。

IMG_0988
↑街並み

でもラパスの街中は、それなりに整っています。

スリとかニセ警官が多く、治安はあまり良くないらしいのですが、
街の雰囲気は全然悪くないです。

昼間、複数人で、注意して行動していれば、問題無いと思います。

IMG_1149
↑景色

ボリビアといえばウユニ塩湖。
ユニクロのCMにも使われていますね。

IMG_1175
↑景色

絶景です。
とにかく絶景です。

雨季のウユニ塩湖は、世界一の絶景かもしれません。

少なくとも私が今までに訪れた場所の中では世界一。
これからも首位をキープし続ける可能性は高いです。

P1310833
↑ラパスの街中

インディヘナ(先住民)のおばちゃんも多いです。
インディヘナプロレスを見に行けなかったのが、ボリビアで一番の心残りです。

P1310900
↑町の食堂

現地の若者と楽しく食事してみたり。

P1320168
↑売店のおばちゃん

愛想の良い人が多かった印象です。

P1310909
↑コーラ

これが噂の(?)13円コーラ。
物価安いですね。

P1310973
↑デスロードツアー

高低差3000mの山道を自転車で下るデスロードツアー。
怖いけど面白かったけど怖いけど面白かったけど怖いです。
危険を伴うので、よく考えて申し込んでください。

ちなみに霧の向こう側は400mの崖。

P1320128
↑友人夫婦とホテル

新婚旅行中の友人夫婦を約一週間追跡し、ついにラパスで襲撃成功。
その節はお世話になりました。

P1310828
↑自分が泊まった宿

デジイチが故障したり、何者かの襲撃(未遂)があったりと、
観光以外にも印象深いでき事が多かったです。


というわけで、色々と満喫できたボリビアの一週間でした。
でもまた行きたいです。
星空のウユニ塩湖を見るまでは死ねません。



コメントは受け付けていません。